スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たまには本の紹介など

カラー版 超合金の男 -村上克司伝- (アスキー新書)カラー版 超合金の男 -村上克司伝- (アスキー新書)
(2009/04/09)
小野塚 謙太

商品詳細を見る


ブログ開始当初から「村上さん」「村上先生」「村上天皇」なんて単語が出てきて、知らない人にとってはちょっと読みづらかったかも。全部この人のことだったのさ。
 
コンバトラーVやデンジマン、レオパルドン、大鉄人17、宇宙刑事ギャバンなど数多くのヒーローやロボットデザインを手がけてこられた元バンダイの工業デザイナー、村上克司さんの仕事が綴られた本。
もうずいぶん前に発売されたので今更感は否めないと思いますがw 

にほんブログ村 コレクションブログ おもちゃ・玩具へ
にほんブログ村 
僕がこの本で新鮮に感じたのは、村上さんのデザインのカッコよさも勿論なんですけど、アニメーターや特撮マンではなく、玩具メーカーの視点でロボットデザインを考えたら?、というところ。

単に見てくれがいいだけではなく、素材の特徴や変型ギミックの精度の問題など、玩具デザインには様々な問題がつきもの。玩具として販売できる強度、精度を備え、尚且つカッコよくなければならない。ある意味アニメキャラのデザインよりも、はるかに製作者の技術や力量が問われるものです。

カッコよさと玩具としての完成度、難題を乗り越えて多くの傑作デザインを生み出した村上さん。その仕事がこの本に紹介されています。
村上さんのデザイン画や玩具の写真などの資料も豊富に載せられています←重要w


アニメや特撮のファンにとって、玩具メーカーはなんとなく疎ましい存在というか、ネガティブなイメージが強いように思います。スポンサーという強い発言力を持つ立場故の「影の黒幕」的なイメージ。

過剰なほど大量に巨大ロボが登場したり、新しい武器が唐突に出てきたりすると、「また新しい玩具かよww」と思ってしまうことも僕自身多いです。

でもね。

この人の玩具デザインに対する情熱は本物だと思います。番組を見て、玩具を手にする受け手に対してどこまでも真摯に向き合ってきた人ではないかなと。おもちゃ屋さんだろうがアニメのスタッフだろうが、クリエイターの仕事には違いないですからね。

確かに業界への悪影響もいくらかは残ってしまったと思いますが、それは玩具メーカーも、番組スタッフも考えなければいけないことだと思います。
製作者が作品に対してするべき事は何なのだろう?? 

長くなってしまいましたが、特撮やロボットアニメなんかに興味あるひとには、おすすめです。
この人あっての日本のキャラクター産業だと言ってもいいでしょう。
スポンサーサイト

tag : 玩具

コメントの投稿

非公開コメント

No title

一番玩具を売りたい年末商戦期にNEWアイテムがないのが辛いから、平成の特撮は「放送開始→新戦士参入→唐突なパワーアップ」という流れが出来てしまったと聞いたことがあります。
オトナの事情の臭いがしてあまり好ましいことではないんですが、あくまでメインターゲットが「飽きやすい子供」であることを考えるとしょうがないことなのかもしれませんね。

Re: No title

コメントありがとうございます。
たしかに初期のアイテムがパワーアップなしで年末までセールスパワーを維持するのは難しいですからね。仕方ないと言えば仕方ないことですが、昨今のはちょっとやりすぎな感じもしてしまいます。
もう少しアイテム一つ一つに年末商戦まで戦えるだけの魅力があるといいのですが、それも簡単ではないでしょう。大きくなりすぎた業界の宿命かもしれません。
プロフィール

たロう。

Author:たロう。
特撮とロボットアニメが好物
ゲームだとアイマスとたまにスパロボ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
ついったあ
ピクシブ
ブロとも一覧

稚拙なボヤキ。

腹ペコ番長ブログ

暇だし漫画家目指すブログ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。